2020年10月〜リニューアルレッスン開始!

ホットケーキミックスでふわふわパンケーキの作り方!水と牛乳とマヨネーズでどう違う?

製菓理論を体験☆
スポンサーリンク

先日、ホンマでっか!?TVを見ていたときに、「ふわふわケーキがフライパンで作れる!」というレシピを紹介していたので、

やってみたい!!と思い作ってみることにしました。

なにやら、平野レミさんのレシピでは隠し調味料が使われているようです。「ふわふわの秘密」気になりますね!

「ふわふわ〜レミパンケーキ」の材料

2019年7月3日放送の「ホンマでっか!?TV」

使う道具はフライパン、包丁のみ。

材料

  • 卵…1こ
  • 牛乳…150ml
  • マヨネーズ…30g
  • ホットケーキミックス…200g
  • バター…60g
  • 黒あんこ…200g
  • きな粉…好きなだけ
  • 飾り付け…好きなものを好きなだけ

ケーキを作るだけなら、材料はほぼ家にあるもので大丈夫みたいですね。

ふわふわパンケーキの秘密、気になります!試しに作ってみましょう♪

平野レミレシピ♡ふわふわパンケーキの秘密は?

作り方

  1. 卵1個と牛乳150mlをよく混ぜます。
  2. マヨネーズを30g加えます。(←パンケーキをふわふわにするポイント☆)
  3. ホットケーキミックスを200g加え、しっかりかき混ぜます。
  4. 熱したフライパンに混ぜた生地を入れ、15分弱火で加熱します。
  5. 焼けたらフライパンをひっくり返して、まな板に取り出します。
  6. 半分の厚さに包丁で切り分けます。
  7. 切った2面にバターを60gと黒あんこを200gのせます。
  8. その上にきな粉をたっぷりかけて、2つのケーキを重ねるようにサンドします。
  9. サンドした上面にもきな粉をたっぷり掛けます。
  10. 仕上げに、クッキーとロウソクに見立てたきな粉棒で飾り付けをします。

* マヨネーズを入れても味や匂いは残らずに、ケーキの仕上がりがふわふわになるそうです♡

平野レミさんのレシピで、ふわふわケーキを作ってみよう!

私の作った方法を以下に載せます♪

レミさんの作ったケーキはフライパンの大きさのケーキなので、私は小さめのケーキを作ってみました♡

そのため、材料の量を変更しています。

材料(直径9cmのセルクル型2つ分)

  • ホットケーキミックス…100g
  • 卵…1こ
  • 牛乳…65ml
  • バター…10g

* 上の内、ホットケーキミックス50gに対して、ケーキ1こ分にのみマヨネーズ7.5gを加えます

作り方レシピ

① 卵1個と牛乳65mlを入れ、よく混ぜます。

② ①を半量分、べつのボウルに分けます。分けたボウルにのみマヨネーズ7.5gを加えて、よくかき混ぜます。

③ 両方のボウルに、ホットケーキミックスを50gずつ加えます。

④ 粉がなくなるように、液体に混ぜ込みます。

* ダマが少し残ってもok☆

⑤ 弱火で熱したフライパンに、バターを10g入れて溶かします。(ひとつのケーキにつき5g)

⑥ セルクル型をセットして、それぞれの生地を流します。

★マヨネーズありとなしを比較してみよう!

⑦弱火で3〜5分焼いた後、裏返して再度5分ほど弱火で焼き上げます。

焼き時間は、作りたいケーキの大きさと高さで変わってくるので、各自で調節してください♪

⑧ どちらも焼きあがりました!完成です☆

結果*マヨネーズ入りでふわふわになった?

美味しそう〜ですね♡

私ははちみつをたっぷりかけて、いただきます♪

マヨネーズなしとマヨネーズありでは、焼き上げた後の膨らんだ高さに差がありました!

  • マヨネーズなし…2.8cm
  • マヨネーズあり…3.4cm

約5mmの差なので、あまり違いはありませんが、ナイフを差しいれた時のふわふわ感には違いが見られました。

マヨネーズ入れるとなぜ膨らむの?それは卵の力かも!(製菓理論)

↑マヨネーズ入りのケーキです。ふわふわ感が伝わりますか?

そのほかの違いについては、高さのあるケーキを作ったときに見ることができました。

  • マヨネーズなし…真ん中が凹んで焼きあがりました
  • マヨネーズあり…真ん中もふっくら♡ちゃんと膨らんでいました

卵の製菓理論のおはなし

まずですが、マヨネーズは卵と油でできています

そして、マヨネーズ入りでパンケーキがより膨らんだ理由は

【卵の力】

だということでしたね。

卵には、こんな力があります。

  1. 起泡性(きほうせい)
  2. 気泡の安定性

① 起泡性とは、卵をあわ立てることで起きる作用です。

* 泡をたくさん作ることで、空気ケーキ内にを取り込むことで、ケーキが膨らみやすくなります。

② 気泡の安定性とは、卵白の熱が凝固することで発揮する作用です。

ホットケーキミックスに混ぜこんだ卵が、フライパンで焼くことによって卵白が凝固することで

卵をあわ立てたときの泡が壊れないように、安定させてくれます^^

以上!卵の製菓理論でした。

続いて、今回作ったパンケーキの味や食感、改善点について考察してみました。

作ってみて失敗したこと。改善方法を考えてみた

今回失敗したのは、

  • 材料を減らしたのに焼き時間を大幅に減らさなかったこと→黒く焦げた
  • テレビでは裏返していなかったので、片面を焼き続けたら→焦げた
  • セルクル型のまま裏返すのは難しかった→反対を向けると焼けていない液体が漏れてきた
  • 高さのあるケーキを作りたいときは、中が生焼けになりやすい。

テレビでは、ホットケーキミックス200gのところを

私はケーキひとつ分を50gで作ったので、焼き時間は両面でも、15分も必要なかったです。

私と同じサイズのケーキを作る方は、片面で3〜5分→裏返して5分くらいの焼き時間で試してみてください。

また、高さのあるケーキを焼きたい場合は、弱火より強いと焼きあがるまでに焦げてしまいます。

反対に、弱すぎると中が生焼けになりやすいです。

失敗したくない方は、なるべく薄めのケーキを作った方がいいと思いました。

まとめ

高さのあるケーキを作るときには、マヨネーズを入れたほうが、真ん中もふっくら♡膨らんだケーキが焼けます♪

食べきれないときは、ラップに包んで冷蔵庫へいれて保存し、早めに食べましょう。

マヨネーズを入れるといつものケーキよりもふわふわになる♪

ぜひ試してみてください(^ ^)

いつもは【パステルカラーデコレーション】という、オンライン教室を開催しています♪

  • デコレーション上手くなりたい!
  • ナッペをお店みたいに綺麗に整えたい!

↑ご興味のある方はこちらから↑

「どうしても上手くなりたい!」

そんな

やる気のあるひと、大歓迎です^^★

貴女のご参加だけ お待ちしております♪

【毎日がきっとカラフルになる♪ パステルカラーデコレーション】

an.de.art あんであーと みさきでした*

スポンサーリンク
製菓理論を体験☆
スポンサーリンク
ミサキ

オンライン教室「an.de.art」講師で、毎日楽しいことへのセンサーを拾って生きています^^

大切なひとへプレゼントできるような、喜んでくれるようなものづくりを公開しています。

「毎日をカラフルに♪」
いますぐデコレーションを始めよう!

フォローで応援してね!
\「いいな」と思ったらシェア/
フォローで応援してね!

 

毎日がカラフルになる♪ パステルカラーデコレーションchannnelです☆
チャンネル登録してね!
スポンサードリンク


オンLINEケーキ教室「an.de.art」

コメント

タイトルとURLをコピーしました