2020年10月〜リニューアルレッスン開始!

生クリームの代わりに牛乳でケーキデコレーションをしてみた!代用としてつかえるか?

製菓理論を体験☆
スポンサーリンク

皆さんは生クリームがなくて困ったことはありませんか?

私は先日、ふと甘いものが食べたくなって
家にある材料でケーキを作ったのですが、デコレーションの時に生クリームがないことに気づきました。

出典:www.pakutaso.com

そこで、同じ乳製品である牛乳なら
生クリームに似た感じに変身できるのでは、と思いついたので試してみました。

牛乳と生クリームのちがい


出典:www.pakutaso.com

生クリームとは、生乳を遠心分離して水分を減らし、脂肪分を均一になじませたもの。

生クリームに含まれる脂肪分は35~45%で、少ないとさらっとしたクリーム、多いと固めのクリームになります。

生乳(せいにゅう)とは、牛の乳を搾ったままのものをいい、無調整乳とも呼ばれます。含まれる脂肪分は3.5~4.0%。

生乳のほかには、低脂肪乳、無脂肪乳などがあるが

このうち、生乳(せいにゅう)のみがバターやチーズに加工されています。

これらのことから、生乳を生クリームにするには以下の方法があると考えられます。

  • 遠心して水分を減らし、脂肪分を均一にする。
  • 生乳に脂肪分を足して、脂肪分を均一にする。

1つ目の方法では遠心機がないため、2つ目の方法で試してみることにしました。

(※遠心機の代用としては、自転車の車輪が使えます。海外では停電時の検査に、遠心分離機の代わりに使われるそうです。)

生乳に脂肪分を足せばクリーム状になる?

出典:www.pakutaso.com

生乳では、生クリームに比べて脂肪分が少ないため、脂肪分の多いバターを加えることでクリーム状になるのではないかと思ったので、検証してみました。

今回使用したもの

  • 牛乳(生乳)・・・150ml
  • バター・・・15g
  • 砂糖・・・15g
  • ハンドミキサー、ボウル、レンジ

牛乳は無調整乳である生乳(せいにゅう)を使用。脂肪分としては無塩バターを、砂糖はグラニュー糖を用意しました。

方法

今回行った方法です。

  1. 生乳をハンドミキサーで泡立てる。
  2. 砂糖を2回に分けて加え、さらに泡立てる。
  3. レンジで溶かしたバターを少しずつ2に加える。
  4. クリーム状になった部分だけを使って、デコレーションする。
冷蔵庫で冷やした生乳を、ハンドミキサー(中速~低速)で泡立てました。

細かい泡がたち、始めの生乳の量よりも3倍量になりました。

砂糖を加えてさらに泡立てました。

5部立てくらいの泡立ちになりました。

一般的な生クリームデコレーションの場合は、7部立てといわれているので、少し泡立ちは弱いです。

時間がたつと泡量が減っていくようです。
試しにナッペしてみました。

このままのクリームをケーキに塗ろうと(ナッペ)すると、スポンジ生地に吸収されていきました。

バターを15g溶かしました。
溶かしたバターに生乳を少しずつ加え、ボウルに戻しました。

さらにハンドミキサーで泡たてると、水分と脂肪分が分離したので、クリーム層になっている部分のみを使用してみました。

ナッペしました。
完成!!

結果と考察

生乳で完全な生クリームをつくることは出来ませんでした。

まず、生乳に砂糖を加えた状態で泡立てたときに、5部立てくらいの泡立ちしか得られず、これは、一般的な生クリームデコレーションに使う「7部立て」よりも泡立ちは弱かったです。

このときの香りと味は生クリームに似た甘さでしたが、泡の性状は大きく違っていました。

  • 生乳クリーム:大きな空砲を多数含んだ、軽めの泡立ち
  • 生クリーム:空砲が細かく、濃密な泡

洗顔料でいうと、泡のままでてくるのが生乳で、ネットを使って泡立てたものが生クリームの性状、のイメージです。

そして、バターを加えた後、水分と脂肪分が分離してしまいました。

脂肪分が液体に浮いてしまい、ハンドミキサーだけでは均一にならなかったです。バターを完全に溶かした状態でもうまくいかなかったので、それぞれの温度の相性もあるのでしょうか。

今回は、冷えた牛乳と暖めて溶かしたバターで検証したので、共に冷やした状態、暖めた状態でも試してみるのもいいかもしれません。

ちなみに、バターを溶かしいれた後の風味はバター臭さが強くなってきたので、生クリームの味とかけ離れそうだったので、今回は15g以上は加えませんでした。

今回は無塩バターを使用したのですが、これは生乳から作られた加塩バターから塩を除去する過程を経てできたものなので、塩を足すか加塩バターを使用すると、もしかしたら生クリームに近づくのではとも考えられました。

これらのことが均一なクリーム状にならなかった原因だと考えられます。牛乳中の脂肪分を均一にする方法を思いついたら、またの機会に検証してみます!!

スポンサーリンク
製菓理論を体験☆
スポンサーリンク
ミサキ

オンライン教室「an.de.art」講師で、毎日楽しいことへのセンサーを拾って生きています^^

大切なひとへプレゼントできるような、喜んでくれるようなものづくりを公開しています。

「毎日をカラフルに♪」
いますぐデコレーションを始めよう!

フォローで応援してね!
\「いいな」と思ったらシェア/
フォローで応援してね!

 

毎日がカラフルになる♪ パステルカラーデコレーションchannnelです☆
チャンネル登録してね!
スポンサードリンク


オンLINEケーキ教室「an.de.art」

コメント

タイトルとURLをコピーしました