動画レッスン公開中→☆

手作りプリンがなめらかにならない?こし器がなくてもなめらかさは変えられる!

◆お菓子作り
スポンサーリンク

プリンがなめらかになる方法は?

プリンをなめらかにするにはいくつかの方法があるのですが

今回は、「こし器なしでもなめらかプリンを作れるのか?」について試してみました!

プリン液の混ぜ方を変えて実際に作り分けてみたので、みなさんにシェアしていきたいと思います!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

こし器なし!簡単手作りなめらかプリンの作り方

今回、作り比べてみるのは以下の3つのやり方です。

  1. 菜箸で混ぜる
  2. ホイッパーで混ぜる
  3. ハンドミキサー(低速)で混ぜる

1. 菜箸で混ぜた時のプリンはなめらかになった?

菜箸で混ぜた時のプリン液

透明に浮いてるのは、型に塗った油なので空気泡は見当たりません。

ですが、卵黄と卵白のとろみが強い部分はうまくまぜることができませんでした…。

ですので菜箸で作る時は、混ぜきれなかったとろっとした固まりは取り除いてから

プリン型に流し込むのがおすすめです!

とろっとした固まりがあるまま焼いたプリン↓

黄身が強い部分と白味だけで固まっている部分が見られました。

均一に混ざっていないので、食べる部分によって舌触りが違ってきます。

味はちゃんと焼きプリンでした☆

なぜ菜箸で混ぜようと思ったの?

静かに混ぜて泡立てないと、その時に残った空気の泡のままプリンができて、穴ぼこのプリンができると思ったから。

混ぜる道具の中から、一番泡立たないであろう菜箸でも今回作ってみました!

2. ホイッパーで混ぜたら均一なプリン液になった?

手動のホイッパーで混ぜたプリン液

綺麗なクリーム色で均一に混ざっています♪

泡もない!均一な仕上がりが期待できます^_^

(透明に浮いているのは、型塗りした油です。バターを塗ると浮いてこないかも?次回試してみます)

ホイッパー混ぜプリンを焼いてみた

均一でなめらかな焼きプリンができました!

ひっくり返すとこんな感じ☆

均一な舌触りの焼きプリンができました!

固めプリンがお好きな方はぜひ^_^

3. ハンドミキサー低速で混ぜたら美しいプリン液が作れた?

卵を混ぜる時、ハンドミキサー低速モードだと短時間でよく混ざりました。

砂糖を加えた後は、しっかり混ぜすぎるととろみがでてくるので、軽く混ざったらokにしました!

次に温めた牛乳を加えながら混ぜるのですが、ほぼ液体のものをハンドミキサーでまぜると

一気に泡のふつふつが出現!

泡が多すぎると爪楊枝で潰し消していくのが大変でした…。

均一には混ざったのでなめらか?ではありましたが、泡泡がでないようにするのは難しそうと感じました。

ハンドミキサーで作る時は、

  • 必ず低速モードで!
  • 卵を混ぜる時だけ使う!
  • 牛乳混ぜの時も使うとしたら、少量ずつ加えてやってみる

とうまくいくと思います。

牛乳と混ぜる時にホイッパーに持ち替えたほうが失敗が少ないと思うので、

私は始めからホイッパーで混ぜる方が面倒なくて好きだなと思いました(^ ^)

まとめ:プリンをなめらかにする混ぜ方は?

なめらかプリン液を作るのに重要な混ぜ部分について、お話してきました。

混ぜ方での違いを比べたかったので、濾し器なしで以下の3つの混ぜ方で作り比べてみました。

  1. 菜箸
  2. ホイッパー
  3. ハンドミキサー

結果は?

ホイッパーで混ぜた時が一番滑らかに仕上がりました!

濾し器がなくてもなめらかプリンは作れました!

貴女もぜひ、次回はホイッパーを使って作ってみてくださいね^_^☆

100均のホイッパーでok?でもよりなめらかにしたい場合は

こちらのようにたくさん輪っかが重なっているものがおすすめです

100均のは輪っかが8本くらいと少ないので、菜箸よりは美味しくできますが

やはり輪っかの多いホイッパーの方がより細やかな泡立ちが実現できて、結果とてもなめらかになりましたよ(^ ^)♪

スポンサードリンク


スポンサーリンク
◆お菓子作り
スポンサーリンク
ミサキ

「an.de.art」で、毎日楽しいことへのセンサーを拾って生きています^^

大切なひとへプレゼントできるような、喜んでくれるようなものづくりを公開しています。

「毎日をカラフルに♪」
いますぐデコレーションを始めよう!

フォローで応援してね!
\「いいな」と思ったらシェア/
フォローで応援してね!

 

毎日がカラフルになる♪ パステルカラーデコレーションchannnelです☆
チャンネル登録してね!
スポンサーリンク
パステルカラーケーキ教室「an.de.art」

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました