2020年10月〜リニューアルレッスン開始!

【初心者】③カービングナイフはカッターで代用できる?ソープデザイン集をご紹介。

◆ソープカービング(石鹸彫刻)
スポンサーリンク

こんにちは。ソープカービングsue misaです。

最近ふと思ったことがありまして、それは

「カービングナイフの代用として、カッターナイフではできないのか?」

ということでした。

家にはカービングナイフもカッターナイフもあったので、何がちがうのか、両者のナイフを比べてみました。

カービングナイフは1200円程度で買えるのですが、買わないと家にはないですよね。

「やってみようかな?」と思っても、家にその道具がなかったら、「また今度にしよう」ってなって結局やらないまま…。あるあるです。

そこで、身近にある小さめのナイフである「カッターナイフ」を題材にして、今回比較してみました。

この記事の最後には、「カッターナイフで彫れる!カービングデザイン集」を紹介していますので楽しみにしていてください♪

それでは、「カッターとカービングナイフの違い、3つ」をまとめましたので、まずは動画をご覧ください♪

カービングナイフとの違いは、3つある!

【初心者】③カービングナイフとカッターナイフの違い、3つ!【石鹸彫刻(soap carving)】

カッターナイフとのちがいについて、3つご紹介していきます。

①刃のうすさ

カッターナイフもカービングナイフも、どちらの刃も1mm以下の薄さです。

写真では見づらいかもしれませんが、実はカービングナイフの方が紙のように薄い刃なっています。

より薄い刃のほうが、細かい模様を彫った時に綺麗に仕上がります。

それはなぜか、理由は主に2つあります。

例えばですが、みなさんは消しゴムハンコを作ったことがありますか?

消しゴムに文字を彫る時に、ハサミの太い片刃よりもカッターナイフの細い刃の方が、

  1. 消しかすが少なく
  2. 細かい装飾(☆や♡など) も

上手に彫ることができたと思います。

消しゴムに鉛筆で下書きする時にも、太い鉛筆よりも細いシャープペンシルのほうが、同様に綺麗な消しゴムはんこに仕上がったと思います。

つまり、①「消しかすが少ない」→ソープのカケラが残りにくい→

ソープに模様を彫った時に、模様の隙間にソープのカスがたまるのを減らせる

②「書くペンが細い(刃が細い)」→大きな模様だけでなく、細やかな模様をたくさん彫れる

*太いペン先(太い刃)と細いペン先(細い刃)では、同じ大きさの紙(ソープ)に描ける、模様の大きさも数も違ってくるということです。

結果、刃が細いカービングナイフのほうが、①細やかな模様を彫ることができて、

②綺麗な(ソープカスが少ない)作品ができることになります。

*また、カッターナイフの刃がなぜ厚めなのか?

というと、その用途としてダンボールのガムテープを切ったりするのが身近です。

切ったことのある片は分かると思いますが、ノコギリのようにギコギコと、奥⇔手前に何度も動かすことがよく起こります。

この時にカッターの刃をよくよく観ていると、左右にしなって刃が曲線形になっています。

この曲線状態になっても刃が折れないのは、カッターナイフの刃が厚いからです。

もし、カッターナイフの刃が薄くてよくしなる刃だと、高頻度で替え刃をしないといけなくなります。

カッターとのちがいとカッターで彫れるデザインについて

続きが気になる方は、次のページへ

スポンサーリンク
◆ソープカービング(石鹸彫刻)
スポンサーリンク
ミサキ

オンライン教室「an.de.art」講師で、毎日楽しいことへのセンサーを拾って生きています^^

大切なひとへプレゼントできるような、喜んでくれるようなものづくりを公開しています。

「毎日をカラフルに♪」
いますぐデコレーションを始めよう!

フォローで応援してね!
\「いいな」と思ったらシェア/
フォローで応援してね!

 

毎日がカラフルになる♪ パステルカラーデコレーションchannnelです☆
チャンネル登録してね!
スポンサードリンク


オンLINEケーキ教室「an.de.art」

コメント

タイトルとURLをコピーしました